20代からの青汁による肌荒れ対策

肌荒れの原因とは?

肌荒れには色々な原因が考えられます。どの原因が関連しているのか考え、それを取りのぞくことが大切です。その問題が青汁で解消できるケースも多いため、青汁は肌荒れに良いといわれています。

 

  • ビタミン不足
  • スキンケア商品の刺激
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 疲労
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘

 

これらが主な肌荒れの原因です。そのうち、ビタミン不足・便秘の解消がしやすいのが青汁です。それ以外の肌荒れの原因がある場合は、青汁のみを飲むのではなく、色々な対策を組み合わせるようにしましょう。

 

これらの原因で当てはまるものが無い場合では、体の内側からのケアが必要かもしれません。ストレスで知らない内にホルモンバランスが乱れていたり、冷えにより栄養が細胞まで届いていないなどの問題も考えられます。

 

さらに胃腸が弱い方は、食べた物から栄養が吸収しにくいため、普通の食事のみでは栄養が不足している人もいます。食事をたくさん食べられない、脂っこいものを食べると胃もたれする、消化不良を起こしやすいなどのトラブルと抱えている方は、青汁にて栄養を加える方法も考えてみましょう。

 

便秘も肌荒れの原因となりえるため、腸を綺麗にすることができる青汁は有効です。

腸内環境が肌荒れと関係する

肌荒れの影響を最も受けやすいと考えられるのが便秘です。腸内環境が悪いと悪玉菌が増加し、善玉菌の割合が減ります。悪玉菌が増えると腸から毒素が再吸収され、その成分が血液を通し様々な器官に届けれます。そのひとつが肌で、肌荒れを感じ出します。

 

  • 腸には免疫細胞の6割が存在する
  • 悪玉菌が増えれば毒素が吸収される

 

おもに腸内環境が乱れることで起こる肌荒れは、この2つの原因がもとになることが多くなっています。腸には免疫細胞の約6割が存在しているため、悪玉菌が多くなり毒素が増えていれば、免疫力も低下して肌のターンオーバーが低下します。

 

便秘を感じている方はもちろんのこと、毎日排便があってもスッキリしない感じがする方も注意する必要があります。逆に毎日出なくても特に苦痛を伴わなければ問題ないこともあります。便は毎日出すのが理想ではありますが、食べる量が少ない人は腸が刺激されず、数日に1度でもそれほど苦痛を伴わない人もいます。

 

さらに腸内環境が悪くなれば血行が低下し、老廃物の回収がしにくく、肌への栄養も届けられません。腸の環境を整えるのに最適なのは、青汁に含まれる食物繊維を積極的に摂取することです。日本人は総合して食物繊維が不足している人が多いといわれています。

 

人気の青汁をチェック!

1日に必要となる野菜の量

肌の環境を整えるためには、便秘を解消することです。そのためには毎日の食生活で野菜をどれだけ摂取しているのか知る必要があります。

 

厚生労働省では1日350gの野菜を摂取するよう勧めていますが、実際にはこの量を達成している人は意外と少ないのです。野菜の摂取は食物繊維だけでなく、肌に必要なビタミンやミネラルも同時に補給することができます。

 

具体的に1日350gの野菜の摂取とは、緑黄色野菜が120g、淡色野菜が230gです。サラダで考えると、大皿に山盛りにしたサラダを1日3回食べるくらいです。この量を毎日食べるとなると大変ですから、そこで活用したいのが青汁です。

 

青汁は1日1杯〜2杯など少ない量でも、毎日不足している野菜の栄養素が摂取できるように作られています。原料はケール、大麦若葉、明日葉など栄養価が高いものが使われており、少量でもたくさんの栄養が摂取できます。

 

青汁を飲むだけで食物繊維、ビタミン、ミネラルが摂取できるため、腸内環境を整え肌の代謝にも必要なビタミンやミネラルも補うことができます。1日や2日のみで改善できることではありませんが、毎日飲み続ければ確実に野菜不足が解消できます。

 

これらの栄養素は多すぎても尿や便と一緒に外に出るため、飲みすぎて副作用が出ないのが良い点です。

 

人気の青汁をチェック!

関連サイト